大深山遺跡 長野県川上村 香炉型土器 縄文中期 約五千年前 この極めて深淵なる香炉型縄文土器..深山の闇から出現した怪異な像..そはヨミ(地獄)の恐れを吹き祓ふ..。「根ネの国 底の国にイブキ 放ちてむ..。」大祓祝詞オオハラエ ノリト 何やら 地底の夜魅ヨミの世界から響いて来る様なこの平安時代の「謡ヒ」ウタイのヒビキは、御覧にいれた この画像の怪異な香炉型土器を表現する言葉として不思議と ピッタリである。この謡ヒは寺社・宮中の祭祀に於いて盛んに謡われた。節分・冬至・夏至などの大祭で 盛大に謡われたと云う。大祓祝詞は、現在も全国の主要な神社にて毎日 謡われる。公的な祭礼は多くの場合、祭祀演劇を伴う。最初は 神官・僧侶などが 演じて居たがやがて専門の演劇者達に 任せる様に成った。異界の存在を表現する為 仮面を着用する演目が多い。平安時代から鎌倉時代にかけて発展して行った これら祭祀演劇を「呪師申楽」シュシサルガクと呼ぶ。中世の能楽・狂言は 元々、村々で行われて居た神楽に、寺社・宮中などで開催されて居た この「呪師申楽」が融合した芸能である。節分の「追儺会」ツイナエでは 四つの目が在る 鬼面が着用され、悪鬼を調伏した。中世には 幾多の種類の鬼面が制作され 舞台にて着用された。信濃・甲斐の寺社でも 鬼面の演能は盛んで在った。「紅葉狩」「道成寺」「山姥」ヤマンバなど 山国の為 必然的に山岳修験関連の演目が多い。民衆は常に 深い山奥に太古の神々の秘密を追い求めたのである。5000年前、信濃・甲斐の奥深い山奥では かくの如き造形理念はより深く かつ強いイブキを持って練られ追求されて居たと推測する。御左口 妖気 山神 鬼神 髑髏 蛇神 クンダリニー 火焔の祭り 神語り 黄泉比良坂 よもつひらさか 伊賦夜坂 妖し 幽玄 修験 夢幻的な古代ビジョン 夜魅の国への廻廊 オニ 鬼の原像 鬼の源流 鬼神 異形 異界 ヨミ 幽冥界 アンダーグラウンド 地下 禍津日 道反之 道敷 祓戸 妖神 太古の蛇 秘教 祭司 秘儀伝授 加入儀礼イニシエーション 古代宗教 深淵 深遠 ヤマタノオロチ 御室ミムロ神事 長野県南佐久郡 川上村文化センター蔵夜魅(黄泉・ヨミ)の宴 大深山香炉型土器 縄文中期 約5000年前

The Photo-Exhibition of Jomon Heritage





--- 大深山遺跡(長野県川上村) 香炉型土器 縄文中期 約五千年前---

 

この極めて深遠なる 香炉型縄文土器...

深山の闇より出現せる 怪異な像..

そは ヨミ(冥界)の恐れに イブキ放つ..

夜魅の国の 豊かな宴(ウタゲ)..。

 

「根(ネ)の国 底の国に イブキ 放ちてむ..。」

---大祓祝詞(オオハラエ ノリト)---

 

何やら 地底の 夜魅(ヨミ)の世界から響いて来る様な

この平安時代の「謡ヒ」(ウタイ)のヒビキは、

御覧にいれた 怪異な香炉型土器を表現する言葉として

不思議と ピッタリである。

この謡ヒは 寺社・宮中の祭祀に於いて 盛んに謡われた。

節分・冬至・夏至などの大祭で 盛大に謡われたと云う。

(大祓祝詞は、現在も全国の主要な神社にて 毎日 謡われる。)

公的な祭礼は 多くの場合、祭祀演劇を伴う。

最初は 神官・僧侶などが 演じて居たが

やがて専門の演劇者達に 任せる様に成った。

異界の存在を表現する為 仮面を着用する演目が多い。

平安時代から鎌倉時代にかけて 発展して行った これら祭祀演劇を

「呪師申楽」(シュシサルガク)と呼ぶ。

---------

中世の能楽・狂言は 元々、村々で行われて居た神楽に、

寺社・宮中などで開催されて居た この「呪師申楽」が融合した芸能である。

節分の「追儺会」(ツイナエ)では 四つの目が在る 鬼面が着用され、

悪鬼を調伏した。

中世には 幾多の種類の鬼面が制作され 舞台にて着用された。

信濃・甲斐の寺社でも 鬼面の演能は盛んで在った。

(「紅葉狩」「道成寺」「山姥」(ヤマンバ)など)

山国の為 必然的に 山岳修験関連の演目が多い。

民衆は常に 深い山奥に 太古の神々の秘密を追い求めたのである。

五千年前、信濃・甲斐の奥深い山奥では かくの如き造形理念は

より深く かつ強いイブキを持って練られ 追求されて居たと推測する。

 

The Medieval Hidden ...

 

冒頭の縄文香炉型土器は、八ヶ岳山麓 標高1300mの

大深山(オオミヤマ)遺跡から出土した。

神々しい八ヶ岳は その麓に住む 古代の人々にとっては、

天上の世界への上り道で在ると同時に、

ヨミの世界 「根の国への入口」とも 考えられて居たのかも 知れぬ。

また、長い千曲川源流付近の遺跡ですから、あの雄大な河川の

巨大な「龍神さま」のカシラ(頭部)が 伏蔵するエリアとも 考えられたのかも

知れぬ。八ヶ岳を「宮柱」として、龍神は天と地を往来する..。

-----------

八ヶ岳に限らず、聖なる山は 天上界とヨミ界が向かい合う空間である。

日本国内 いたる所に 今も聖なる山々が存在する。

美しい聖山を仰ぎ見られて 如何 お考えに成られますでしょうか?

...

この文面の続きは 次回写真展「縄文の夜神楽」にて展示致します!

 

----- 「香炉型土器」に関して -----

特異な形態をとる 香炉型土器は、(釣手土器とも云う)

比較的大きな集落にて

それも 一集落に付き一個体 制作されるか否かと云った

出土数の少ない 貴重な一連の 縄文土器を云う。

発見されるエリアは 長野県・山梨県が圧倒的に上位を占め、

中でも人面付き もしくは 全体が人面を成して居る個体例は

大部分 長野県にて出土して居る。

大深山遺跡出土の この人面香炉型土器は 極めて怪異な表情をしており、

中部高原 縄文土器の 傑作中の傑作の ひとつである。

(大深山 [ オオミヤマ ] 遺跡は 八ヶ岳山麓の長野県川上村に位置し、

遺跡の標高は 約1300m、日本最高標位の集落遺跡である。)

なお 八ヶ岳の反対側 諏訪湖畔 穴場遺跡では、

以下の神秘的な縄文土器が出土して居る。

諏訪湖の謎 「蛇体文装飾付釣手土器」

また、伊那市では

以下の絶妙な表情の縄文土器が制作された。

豊の創成 「御殿場 香炉型土器」(正面)

同じ土器だが 怪異な(裏面)

 

関連ページ: 「黒百合姫物語」 鳥海山 神秘の湖の伝説

写真展 スケジュール

=== 日本文明の大いなる源流 ・ 湧き出づる 太古のイブキ ===

昨年の 茅野市超大型画像(仮面の女神)に続き、

平成27年9月9日より 五年間展示

十日町クロステン

7 x 5 mの超大型画像 設置!

写真集 「縄文の夜神楽」 刊行開始 最新!

凄みある 縄文の主要作を集積して 掲載。

焔光に浮かび上がる 古代の神々・妖精の数々..。

撮影は全て 大型フィルム(4x5inch)モノクローム

原版モノクローム・プリントの 深き味わいを再現する為、

通例より1.8倍の 超高解像度印刷、加えて印刷インクは 特製ブレンド品使用

通常の印刷では表現出来ぬ 豊かな諧調を再現しました。

古代日本人の 雄渾かつ 深き「情緒」を お部屋で ユッタリと お楽しみ下さい!

A4ワイド 全40ページ 高解像度全色印刷

発刊 平成26年11月25日 ¥2000 (本体価格) >> お問い合わせ

出版・販売元 エクセレントライフ株式会社

<< 出版記念講演 >>

茅野市民館コンサート・ホール 平成 26年11/28 大好評 感謝!

平成26年9月3日より 二年間展示

茅野市民ホール外壁 (JR茅野駅横)に

7 x 5mの超大型画像 設置完了!

国宝答申 特別記念写真展 「豊(トヨ)の焔光」

平成26年 6月21日>7月9日

-- 新作 「笹山遺跡 国宝No.9」他撮影 大型プリント 含み 全35点展示! --

縄文中期の一大拠点 諏訪茅野..久しぶりの展示です

初夏の 蓼科高原・霧ヶ峰・白樺湖 などと共に 雄大な縄文のイブキを お楽しみ下さい!

黒の空間・スポットライトのみの 幽玄な古代空間

<< ギャラリー・トーク&コンサート >>

6月28日(土) 写真家 滋澤雅人による ギャラリー・トーク

美咲さんによる コンサート (本展ではお世話になり 感謝申し上げます)

平成26年 4月5日>6月16日

-- 新作 「顔面付釣手形土器」(重文)他撮影 大型プリント」 含み 全45点展示! --

中央・南アルプスに囲まれた 風光明媚な高原

伊那の春(高遠の桜など) 神秘の縄文

平成26年 1月8日>3月26日

-- 新作 「十日町縄文土器(国宝)撮影 大型プリント」十点展示 --

縄文の里 十日町の 心地良い爽快な高原 当間(アテマ)リゾート

雄大な 雪のブナ森を 背景に、

国宝縄文土器の大型プリント(1.4m)を 「森のホール」にて展示

アオーレ長岡 大好評終了!

平成25年 12月11日>12月15日

-- 新作 「長岡・十日町縄文土器(国宝・重文)撮影 大型プリント」 含み 全55点展示! --

高名な 長岡市馬高遺跡 火焔土器・土偶(いづれも重文)、及び

十日町市 国宝縄文土器数点(五千年前)を 新規追加撮影

展示プリントは 1.6m/1.4mの大型作品

長野・新潟・山梨・富山・群馬 他の 特級大型作品 55点

平成25年 3月28日> 5月18日

春季特別企画展 特別展示室にて

-- 新作 「十日町火焔型土器(国宝)撮影 大型プリント」 含み 全45点展示! --

十年間撮影 主要作品の 集大成です!

九州国立博物館 好評終了!

平成25年1月22日(火)>3月17日(日)

大型モノクローム・プリント (1.4m大) 展示!

-- 重要文化財 新潟県津南町 火焔型土器 を 撮影・プリント --

越後湯沢 高半 好評終了!

復興支援文化活動

写真展 「縄文の夜神楽・起動せよ太古のイブキ」

平成24年12月21日 > 平成25年3月22日

大自然を めぐる大いなるイブキ..

変幻自在..創造(ムスヒ)の文明 縄文..イノチの宴(ウタゲ)..

秘める「火」..そして..日本の未来へ!

平成24年 9月11日(火)

東日本大震災後、一年半、復興を祈念し 講演致します。

会場: かんてんぐら (茅野市 宮川) 主催:宮川くらの会

八ヶ岳山麓 諏訪地区に残る 古くから残る板倉つくりの大きな倉。

今回は この格調高い 信州の古建築の中で、

1.5mのモノクローム縄文プリントと プロジェクターによる上映で講演致します。


その他の写真展履歴

<<現在で23回目 (内「縄文の夜神楽」は 18回)>>

東京都内・長野県・山梨県・新潟県・富山県・千葉県にて 連続開催。

(特別講演 宗左近先生 小林公明館長 小林達雄博士 渡辺誠博士

小島俊彰先生 堤隆博士

これまでの写真展 「縄文の夜神楽」 の履歴に関しては

「作者プロフィール」のページを 御参照下さい。

(今回で「縄文の夜神楽」は 十八回目と成ります。皆様に大感謝!)

全国から 約二万七千名以上の方々に 御入場頂きました。

本年 及び 来年の写真展スケジュールは 決定次第 掲載致します。お楽しみに!

Mystic Shrine-Maiden ...

神秘の巫女 夜明けの祈り 妖艶な巫女姿を見る


以下の三つは、Flash-Player が必要です。

Photographs and Sentences (C) All Rights Reserved Masato SHIGEZAWA 1994-2006

Cooperated by 川上村文化センター and 浅間縄文ミュージアム

Cooperated by Gallery-TETSUGAKUDO

本サイトの画像 及び 文章の無断転載を 厳禁します。

使用の際 事前の許可が必要です。

Caution !

For introduction of this exhibition or this site only.

This heritage is one of important Japanese cultural properties,

protected under Japanese country and international law.


本サイトは Firefox にて最適化しております

安全安定なブラウザ Firefox無料ダウンロード

 画像の表示には Flash Player が必要です

FlashPlayer無料ダウンロード


http://www.yokagura.com/